蛇口のトラブルについて

水道を使用していると、いつもより水の流れが悪い、チョロチョロとしか水が出てこないというトラブルに見舞われることもあると思います。このようなときにも水道業者に修理の依頼をするべきなのですが、依頼する前に確かめておくべきことがあります。賃貸住宅などに住んでいる場合、隣人が水を使用していると、水の出が悪くなる場合があるのです。

一軒家であっても家族の誰かが水を使用していることで、水の出が悪くなることがあるため、誰かが使用していて水の出が悪くなっているのか、誰も使用していないのに水の出が悪いのかをしっかりと確かめておきましょう。もし誰も使用していないのに、水の出が悪いときには水道工事業者まで依頼します。

水の出が悪くなる原因としては、水道の中にゴミが詰まっている可能性もありますし、水道管のどこかで水が漏っている可能性もあります。よって素人では対処できないので、より詳しい状態を把握しておき、水道業者に連絡するときに、しっかりと状況を伝えることでよりスムーズな作業ができるようになります。

蛇口のハンドルが固くなっている場合

水道の蛇口には必ずハンドルやレバーが付いているのですが、長年使用していると、このハンドルやレバーが固くなってしまう場合があります。ゆるゆるになってしまった場合には、ハンドルの根元のふたの部分がねじになっていますので、ほとんどの場合にはモンキーレンチなどで絞め込んでやることによってすぐに直るのですが、堅い場合にはレバーやハンドルに問題がある場合もありますし、水道本体に問題がある場合もあるのです。よって修理するのも難しくなるので、必ず業者に依頼しましょう。

もちろん部品交換をするようになるのはいうまでもありませんが、ハンドルやレバーが固いということは、何か強い衝撃が加わってしまった可能性もあります。ゆるゆるになった場合には、一気になるのではなく徐々になっていく傾向にあるのですが、堅くなるときには急になる場合があります。

特に強い地震があった直後、水道に物をぶつけてしまった直後などに起こりやすいので、比較的原因を特定しやすいかもしれません。先程も言いましたが、原因をしっかりと業者に伝えることで、よりスピーディーに修理ができるようになるということを覚えておきましょう。それでは。