水道の水はどうやって送られてくる?

私が日本に来て、失業した時期がありました。その時にやった仕事が水道工事業者でした。

水道というのはただ水を流しているだけではなく、多くの場合は送水所からポンプを使って水道に圧力をかけています。それによって、私たちの家まで水が送り込まれて来るのです。

水道管を通して水は送られてくる

水道管を通して水は送られてくる

高いマンションにはポンプが個別に設置されている

話しは少し変わって、マンションなどの場合には、重力に逆らって建物の上部へと水を送っているから普通に水が使用できるのです。今まで水が普通に使えたのに、急に水が出なくなってしまった場合には、ポンプが故障しているという可能性があります。しかし、ポンプの修理は一般の人にはできません。

これはマンションの住人というよりは管理者向けの話しになりますが、このような場合には、まずポンプが原因で水が出なくなってしまったのかを確認するために、水道業者に連絡をしましょう。専門家であればポンプの故障なのか、それとも別のところがおかしくなっているのかがはっきりとわかります。水道のトラブルは自分でやるともっとおかしくなる可能性がありますね。

どのようなトラブルであっても、できる限り水道業者に依頼するのが基本です。ポンプ自体はポンプ室にありますが、ポンプのライン(配管)は目に見える場所に設置されているわけではないので、途中でトラブルが発生していた場合には、業者でなければ原因の特定すらできないでしょう。賃貸住宅であれば定期的に大家が検査を依頼しているでしょうが、一軒家ではそうはいきませんので、点検も定期的に依頼しておくべきです。