コメントする

Water of Tank

トイレに関するtrobleはたくさんあるのですが、中にはトイレのタンクに水が溜まらず、どんどん水が流れ出してしまうというトラブルに遭った人はいるでしょうか?私がその一人です。トイレのタンクに水が溜まらない原因としては、タンクに亀裂が入って水が漏っている場合、タンクの中にある栓がおかしくなっている場合などが考えられます。

水がしっかりと溜まらなければ、水を流すことができなくなってしまうので、早めに修理をしなければいけません。しかもタンクが故障していると、元栓を止めない限り、どんどん水が流れ出してしまいます。その結果、水道代がかなりの値段になってしまうので、すぐ水道業者に修理の依頼しましょう。

日本のトイレ

水道業者であれば簡単に修理をしてくれますし、短時間で直すことが可能なのですが、大半の場合は部品の交換になります。タンクの栓を交換する場合にはそれほど高い料金は必要ありませんが、タンク自体を交換する場合には高い料金が必要になるので、交換をする場合には料金もしっかりと確かめておきましょう。

始めに、この修理には費用がいくらかかりますか?と聞くことが大切なのです。私のように外国から移住してきた人は、初めの頃は日本の水道の修理業者の連絡先も、費用の相場も、何も分かりませんから、こんなトラブルに遭遇すると非常に困惑しますね。

大体の外国からの移住者は自分で修理をしようとするのですが、日本のトイレは非常に複雑な作りをしているので、簡単には直せませんね。

 

夜中の水道の故障

そして水道の故障は、必ずしも昼間に発生するとは限りません。夜中に起きて水を飲もうとしたら、蛇口をひねっても水が出なかった、水が漏れていることに気が付いたという場合もあるでしょう。そんな時には夜間でも対応してもらえるのでしょうか。

実際には水道工事業者によって変わってくるのですが、夜間でもしっかりと対応してくれる業者が現在では存在しています。しかし、夜間ではあまり大きな音を立てるわけにはいきませんので、排水高圧洗浄など音が大きくなるような作業を行う必要がある場合には、翌朝に再び来て工事を行うという場合もあります。

あくまで、夜のトラブル対処は、応急処置なのです。

ただし、水漏れぐらいであれば大きな音が出ることもありませんので、業者によっては作業を行ってくれる場合もあります。実際には24時間営業している水道工事業者というのはまだそれほど多くはないので、営業時間に連絡をして夜来てもらうということには対応していても、夜間電話をしても通じないという業者も多いことから、あらかじめ夜間対応の業者を探しておくという手もあります。

インドの私が住んでいた地区では、度々停電が起こりました。村に水道はありませんでしたが、電気は使用できたのです。夜に停電があった時は何もできませんでしたが、もともと夜に何かをやっている人は少なく、寝ている人がほとんどでした。しかし日本は違います。

日本人は眠らない人種だと私は感じてます。夜中に水道の修理に来てくれるというのは、私の国の常識からは考えられません。24時間サービスというのは、便利ですが、人間らしさを奪い取ってしまうものであるとも感じます。

みなさんも、一度インドに旅してみて、電気や水道などの文明に頼らない生活を体験してみることをお勧めします。

インド門なら夜でも人が

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です